菜の花のな。

鰊御殿。

d0124100_1824651.jpg


旧 猪股安之丞邸(銀鱗荘)

鰊御殿(にしんごてん)とは、かつて北海道の日本海側に
作られた網元の居宅兼漁業施設(番屋)である。
明治時代~大正時代に盛んであったニシン漁で財を成した
網元達が競って造った木造建築物である。

もの凄く立派で、中で食事も出来たんですが
お一人様一万円…と聞いて断念。
でもご予約席が満席でした。はい。

(先月小樽に行ったときの一眼レフの初仕事がこれ。)
[PR]
by natsumin44 | 2007-09-11 18:24 | Favorite(お気に入り) | Comments(0)